―和の音色探し―

 チーム和テイストでは、ITフェスタで美しい和のハーモニーを奏でるため、 「和の音色探し」を行ってきました。多くの方との出会い、ご縁があり、 和の美しい響きをたくさん堪能させていただきました。 その様子などをご紹介します。

第2回 雅楽の神髄を味わう!

 能楽に引き続き、今度は雅楽の神髄に触れる、ということでチーム和テイストでは、 去る6月21日に、雅楽の演奏を味わいました。富山県神社庁雅楽部の皆さんに 演奏や、舞をしていただき、いにしえの調べに耳を傾けました。 場所は前回と同じく、 高岡市青年の家能舞台です。

演目および雅楽器の紹介等は以下のページにございます。
【NAT 第3回専門知識勉強会 雅楽の神髄に触れる!!】

演奏の様子
↑狩衣に懐中烏帽子姿で舞台から、演奏を披露していただきました。 楽器等の解説
↑雅楽器等についてわかりやすい解説をいただきました。 雅楽器の体験
↑参加してくださった方々にも、体験をしていただきました。 演奏にあわせた舞い
↑演奏にあわせ舞いも披露していただきました。

第1回 能楽の神髄を味わう!

 去る3月11日に、ITフェスタに向けたハーモニー探しが始まりました。 第1回ということで、能楽の音色を味わう演奏会をNAT第2回専門知識勉強会という形で 開催しました。場所は 高岡市青年の家能舞台です。

 まず、「能楽の舞 働き」を披露していただきその後、 演奏を披露してくださった先生方に、能楽堂の構造や、 それぞれの楽器(笛・小鼓・大鼓・太鼓)について詳しく説明していただきました。 楽器を単独で演奏していただきながら、わかりやすくお話をしてくださいました。
能楽の舞 働きの演奏
↑演奏の様子です。
能楽の解説
↑舞台上から解説していただきました。

 次に、さわってみよう!打ってみよう!ということで、参加してくださった皆さんに 実際に舞台上に上がっていただき、それぞれの楽器に挑戦してみました。
能楽体験の様子
↑体験をしてみているところです。

「能楽の舞 中之舞」を鑑賞して、今回の演奏会はお開きとなりました。
能楽の舞 中之舞の演奏
↑「能楽の舞い 中之舞」の演奏です。

■それでは、今回取り上げるお鈴とはどんな楽器でしょうか?
それは、「お鈴とは?」のページでご覧いただけます!

■では、わたしたちチーム和テイストでは、このお鈴でどんな音色を奏でるのでしょうか?
それは、「何をするの?」のページでご紹介します!

■チーム和テイストは何をしてきたのか。
それは、「レポート」のページでご紹介しています!

トップページへ戻る